モノづくりスピリット

土木・建設現場、物流業界を応援するオーダーメイドの専門メーカー

 

HOME 最新情報 業務案内 階段シリーズ 法面階段:標準型(製造) 法面階段:軽量型(製造) 津波避難階段(製造) 景観対応品 一貫対応 物流機器(製造) 型枠・型枠支保工(製造・レンタル) 有害鳥獣捕獲罠(製造/レンタル) 会社案内

モノづくり魂

お問い合わせダイヤルメールでのお問い合わせ日本全国対応リンク集サイトマップ
和新工業のモノづくり魂-スピリット!

弊社は昭和48年の創業以来、土木・建設・物流の分野で、設計から製造まで、一貫して行ってきたメーカー。
常にものづくりに対する情熱にあふれています。


お困りごとをうかがい、どうクリアするかが腕の見せ所

お客さまのお役に立つこと、それが私たちの仕事

お客さまからお問い合わせをいただくと、最初に私たち営業部が対応させていただきます。私たちの仕事は、まずお電話でお客さまのお困りごとをうかがうこと。そして、直接お会いして、お困りごとの問題点をさらに多面的におうかがいし、弊社製造部などと連携を取りながら解決策を探っていきます。

法面階段の施工現場などで地形的に大変、厳しい条件の所もありますが、そこは設計から製造まで一貫して作業できる弊社のこと、これまで難題と思われる案件をものづくりスピリットでいくつもクリアしてきました。
また、物流機器のオーダーメイド製造販売も行っていますが、スタッフの方の大半が腰痛に悩まされていたという自動車メーカーのお客さまに、体に優しい台車を提案・納入。腰痛で休むスタッフが激減してお悩みが解決したというよろこびの声をいただいております。

 

これまで難題と思われる案件を、ものづくりスピリットでいくつもクリアしてきたと語る営業部の田中(右)と栗本(左)


朝礼や毎朝のミーティングによる報・連・相で作業能率向上

誰もが見える所に工程表を貼り出し、情報を共有化

弊社は朝礼と共に業務を開始。会社全体に関わる情報を社員全員で共有します。その後、各セクションでミーティングを開き、その日1日の作業の流れを確認。問題点などがあれば、セクション全体で共有し、解決していきます。また、週単位でもミーティングをもち、作業の進行具合の確認、人員配置が適切かどうかを確認します。その際、作業工程表を見直し、毎週、新たに作成。誰もが見える所に貼り出し、情報を共有しています。

毎朝、作業の進行具合など作業工程の確認を行う

 

全スタッフによる毎朝の朝礼


ご要望に応じて一から設計、「できない」という言葉はない

困難な案件も施工後のお客さまのよろこびの声がやりがい

お客さまのお困りごとやご要望は千差万別。一つひとつ立地環境も使用状況も違いますから、すべてそれらに応じて一からの設計になります。その際、これは無理という厳しい条件でも「できません」という言葉は使いません。とにかく考えて考えて、考え抜いて設計します。それでも無理があるようでしたら、別の面から考え直して、やり通します。おかげさまで、「助かったよ」というお客さまのよろこびの声をたくさんいただいております。


つねに考え続けているアイデアからヒット商品も誕生

お客さまのために常に自分たちができる最善を尽くす設計部。そのため、設計資料を見たり、勉強会に参加し、アイデアを練っていますが、その中からはヒット商品も生まれています。

そのひとつが仮設足場材の「ブラケットONE」。従来はパイプと保持金具をボルトで留める手間がかかりますが、この商品は保持金具に落とし込む感じで組み立てを可能にし、ボルト留めの工程をカットすることに成功。省力化と施工期間短縮を実現し、発売以来、大好評をいただいています。

常に最善を尽くす設計部。写真は、3DCADによる設計中の様子。

 

「助かったよ」というお客さまのよろこびの声をたくさんいただくことが皆のやりがいになっていると語る、設計部の坂田(右)、竹内(中央)、木下(左)

和新工業の主な製品シリーズ

≫型枠・型枠支保工、メタルフォーム(製造・レンタル)
   
ブラケットONE   上部工(ワーゲン)現場   型枠/スライドフォーム

≫法面階段(フリーステップ)(製造)
   
法面階段の事例   鉄道現場での事例   付替え通路の事例
     
階段仮組をして部材同士の干渉がないか検査   手摺柱位置の寸法検査    

≫津波避難階段「のぼーる」(製造)
   
津波避難階段「のぼーる」   階段幅1000W 2列になって避難できる   避難経路の蓄光材看板

≫物流機器(製造)
   
パレット・ラック・台車といったオーダーメイド製品の設計・製作を行う   大型機械の部品を効率よく収納できる収納ラックの事例   タイヤ収納ラックの事例

≫足場専用リフト 猿鳶太助(さるとびたすけ)(製造・レンタル)
   
足場専用リフト 猿鳶太助(さるとびたすけ)   猿鳶太助を使って足場材の揚げ降ろしが可能   荷揚げ作業の危険度を大幅カット。高所の作業も安心!

≫有害鳥獣捕獲罠「駅シリーズ」(製造・レンタル)
   
イノシシやアライグマなどの駆除に最適   組み立て式なので車で運べる   軽量なので運搬もラクラク。現地での設置・撤去も行える

≫選挙ポスター掲示板「リアースボード」」(製造・レンタル)
   
アルミリサイクル型選挙ポスター掲示板   リサイクルで何度も使用可能   軽量のため取扱いが容易で、社会環境にマッチする美しい外観を備えています

徹底した検査でお客様の安全と使いやすさを検証

パーツは必ず仮組みをして不具合がないかをチェック

弊社ではISO9001認証取得をめざし、検査体制を強化。製造の各工程に5〜6段階の検査項目を設け、各段階でパーツの寸法や形状、長さをチェック。検査に合格したものだけを次に流します。
また、完成後は必ず実際にパーツを仮組みし、組み辛さはないか、金具の取り付けに不具合がないかなどを確認してから出荷。検査項目の主要な箇所は全スタッフで情報を共有しており、検査スタッフに急用ができて立ち会えない場合などに備え、誰もが検査できる体制を整えています。

検査まで徹底するのが、私たちのものづくりスピリット

そうした徹底的な検査は、お客さまの作業が安全でスムーズに進むようにとの願いから。これら検査の強化で、自信を持ってお客さまに製品をお届けすることができます。

 

製造の各工程に5〜6段階の検査項目を設け、検査体制を強化していると語る製造部の秋吉。

最新の立体構造解析専用ソフトを使った強度計算の画面

 

製品強度試験の様子


お客さまの「使いやすさ」を追い求めて

図面上ではわからない部分も使う方の安全に配慮して製造

製造全般を通して最優先しているのが、お客さまにとっての使いやすさ。部品を減らしコストを下げたうえでお客さまが使いやすくなるのが理想ですが、特殊な部品を使うことで作業効率が上がるのであればコストを犠牲にしても採用する場合もあります。また、設計図面上では問題ない場合でも、R欠きや角落としなど仕上げ面が美しくなるようにこだわりを持って製造しています。


理論上は可能でも製造上無理な案件も密に連携してクリア

設計図には書けるが、実際の製造段階では不可能という場合がたまにあります。特にアール加工を要する曲面や、理論では可能であっても機械加工ができない数値などに多いのですが、弊社では設計と製造の横の連絡が密に取れており、常に打ち合わせを繰り返して問題をクリアしていきます。自分の持ち場だけオーケーであればそれでよし、という考えは弊社にはありません。

 

レーザー加工機によるパーツの切り出し

 

ロボットによる溶接の様子

 

熟練のノウハウを活かした溶接作業

 

ロボットによる溶接ができない箇所には熟練の腕が光る

 

プレス作業の様子

 

一点一点正確に切断を行います


 
お問い合わせダイヤル
メールでのお問い合わせ


和新工業株式会社
〒838-0823 福岡県朝倉郡筑前町山隈1279-1 TEL:0946(23)0711  FAX:0946(23)0716
(C)COPY RIGHT 2005- WASHINKOUGYOU ALLRIGHT RESERVED.
メールはこちら